カンパニーコンセプト | 株式会社クレールコーポレーション - 【公式】クレールコーポレーション|名古屋で人気のウエディング
COMPANY CONCEPT

HOME > COMPANY CONCEPT

クレールコーポレーションの力は創造力と人間力です

クレールとはフランス語で創造の意味を持っています。
1987年よりこの名古屋の地でブライダルに携わっている企業としての歴史と2万組以上のカップルの
お世話をしてきた実績を活かし、新たなるブライダルの提案をし続けていきます。

企業理念

お客様に
私たちは業界のオピニオンリーダーとして、新しいブライダルを提案します。 私たちは全てのお客様が、感動・感激する 最高の一日を創ります。
お取引先に
真のビジネスパートナーとして一緒に発展を目指します。 最高の一日を創るためにサービス・商品の開発を一体となり取り組みます。
スタッフに
闊達に意見を出し、ひとつに結束し共感できる組織風土にします。 プロフェッショナルの育成に力を入れ、成長を考え、誇りを持てる仕事を提供します。
社会に
法令を遵守し、良識ある行動により、責任ある企業市民として社会に貢献します。

クレールの選択

最高の一日を創り上げるためのスペシャリスト集団 『TEAM Creer』

創業以来、多くの重要なサービスをパートナー企業様に任せ、ブライダル施設の運営を行ってまいりました。 重要な役割をパートナー企業様の力を借りることが、効率的であり、簡単に品質を維持するには最良の方法であると考えていたからです。

異なった言い方であるならば、何も自社で努力しなくてもパートナー企業に依頼すれば何でも要望に答えてくれ、パートナー企業への依存が年々増加しました。 各パートナー企業はスペシャリストとして、高い品質のサービスを提供して頂いておりましたが、「当社」と「新郎新婦様」の両者双方を向いて日々の仕事をせねばなりませんでした。なぜならば、当社が発注側と請負側との上下関係を形成し、お客様から何らかのクレームがあれば、極端な言い方をすればパートナー企業に改善を命令するだけでありました。言う通りに動かなければ、当社と取引を希望する企業は多くありましたので、単にパートナー企業を変更するだけでありました。 また、各々のパートナー企業様は企業体が別であるため、一組のお客様を対応するにも、連携がスムーズにできず、ワンストップサービスが実現できませんでした。

取引業者は、当社が一時的な顧客であり、挙式者は二次的な顧客となってしまう

提供サービスを内製することで、シンプルで信頼性の高い関係を構築する

当社がパートナー企業様との関係を「真のビジネス・パートナー」として位置づけできなかったことが、最大の問題点でありました。 この様な体制で、果たして本当に全てのお客様に対して感動・感激をする最高の一日を提供できるかが疑問でありました。

そこで当社は、取引の上下関係をなくし、全てのサービスを自身で行い、責任を持つことを選択しました。そして各分野のスペシャリストを自社で採用し、育成し社員全員の手で全てのサービスを提供することになりました。

月2回、全社で行う清掃の様子。花壇の手入れは支配人も社長も関係なく、全員泥まみれで行います

たとえば、

アルバイトは自社で採用し教育し、自信を持ってサービスの提供をする。
花は自らで生花市場に早朝に行き、仕入れを行う。
衣装・美容・写真・装花の各チームは常に連携を綿密に行い、ワンストップサービスを可能にする。

食材の仕込みは、化学調味料を一切使わず、全て自社で調理し、パンまで自社で焼き上げる。
全スタッフが清掃を行い、花壇の造成、植木の手入れも行う。
司会、牧師、聖歌隊なども全てクレール専属にする。
テレビCMをはじめパンフレット・ホームページは、全て自社で企画する。
音楽の専門チームは社員を中心として組織化する。

内製化の一環で、パンも自社で焼きます。
おかげで自分達の料理に合うパンの提供も可能になりました

定期的に行うお客様満足度調査。アンケートに基づいたサービスの提供に努めています

その結果、多くの問題点を克服し、決して他人任せにはせず、何についても『TEAM Creer』として 一丸となり取り組み、闊達(かったつ)な意見を出し合い、理想のウエディングに一歩一歩近づくのが実感でき、プロフェッショナルとして誇りを持てる仕事ができるようになりました。

体制の確立はできました。これからが、本当に『TEAM Creer』の実力が試される時です。

このページのトップに戻る

クレールへのお問い合わせ等はこちら